【お買物2click!サービス】カード情報再登録のお願いについて⇒   
TOP >>  特集 >>  BD・DVDメディア基礎知識〜メディアの比較・違い



 DVDメディア 比較

5種類のDVDメディアの特長を知ろう
現在、DVDメディアにはDVDフォーラムとDVDアライアンスの2つの陣営が規格化した5種類のDVDメディアがあります。各メディアはそれぞれに対応したドライブやレコーダーでしか書き込めませんでしたが、最近、マルチドライブ、スーパーマルチドライブが登場し、メディアで悩む必要がなくなりつつあります。しかし、それぞれのメディアには長所・短所があり、目的に応じて使い分けることが大切です。

DVDディスクの各規格 比較一覧表
DVDの規格は大きく分けて以下の3通りになります。
  1. 一度だけ書き込める「追記型」 ・・・一度記録した部分は、上書きや変更ができません。
  2. 書き込み・消去が可能な「書き換え型」 ・・・繰り返して「消去」や「記録」ができます。
  3. 再生(読み出し)専用型 ・・・映画・音楽ビデオなどのコンテンツ配布、販売に用いられるDVD-VIDEO、 高品質な音楽コンテンツの配布、販売に用いられるDVD-Audio、そしてパソコン用デジタルデータ、カーナビなどの再生専用メディアとして用いられるDVD-ROM
このうち記録型のDVDである1,2についてそれぞれの特長は以下の通りです。

型式 追記型
「ライトワンス」
書き換え型
「リライタブル」
書き換え型
「リライタブル」
追記型
「ライトワンス」
書き換え型
「リライタブル」
各メディア DVD-R DVD-RW DVD-RAM DVD+R DVD+RW
画像 DVD-Rの特長
録画用DVD-Rを購入
データ用DVD-Rを購入
DVD-RWの特長
録画用DVD-RWを購入
データ用DVD-RWを購入
DVD-RAMの特長
録画用DVD-RAMを購入
データ用DVD-RAMを購入
DVD+Rの特長
録画用DVD+Rを購入
データ用DVD+Rを購入
DVD+RWの特長
録画用DVD+RWを購入
データ用DVD+RWを購入
容量 4.7GB 4.7GB(片面)
9.4GB(両面)
4.7GB(片面)
9.4GB(両面)
4.7GB 4.7GB
記録回数 1回のみ 約1000回 約10万回 1回のみ 約1000回
最大転送レート 44.32Mbps 22.16Mbps 22.16Mbps 44.32Mbps 26.59Mbps
ビデオフォーマット DVDビデオ DVDビデオ
DVD-VR
DVD-VR DVDビデオ DVD-VR
カートリッジ なし なし なし・あり なし なし
コピーワンス番組 録画○
(CPRM対応ディスク)
録画○
(VRモード時、CPRM対応ディスクで○)
録画○
(CPRM対応ディスク)
録画× 録画×
特長 いま最も普及し、DVDドライブでの互換性が高い価格も安いメディア。 ほとんどのDVD機器で再生でき、互換性が高い。1回だけ記録(書き込み)が可能。著作権保護付きの映像は録画できない。 DVDビデオやDVD−VRモードが使え、書き換えが可能。DVD-ROMドライブで読み込むためには「ファイナライズ」する必要がある。汎用性が高く、書き換え可能で経済的。書き込みにやや時間がかかる。データ用とビデオ用があるが、パソコンで使用する場合はどちらでもよい。 読み・書き・消去が楽々できる。特別な書き込みソフトがなくても、ドラッグ&ドロップで簡単コピーOK。両面記録が可能。容量が大きいが、専用ドライブでないと書き込み・読み出しができない。 1回だけ記録(書き込み)可能。DVD-Rと同様使い勝手がいいが、DVD-Rとの互換性はない。AV機器用プレーヤーとの再生互換性が高い。初期のDVDプレーヤーでは再生不可のものもある。 専用ソフトを使って書き込むが「ファイナライズ」はしなくても追記できる。DVD-RWとの互換性がなく、対応するドライブでしか書き込めない。また対応する書き込み型ドライブは現在少ない。ビデオ用DVD+RWは著作権保護には対応していない。
メリット ・価格が安い
・互換性が高い
DVDビデオフォーマットなら互換性が高い
・DVD-VRに対応し編集可
・FD感覚で使える
・PCでも編集できる
・録画用DVD-RAMならファイナライズ不要。
カートリッジ入りで埃や傷の心配がない
・コピーワンス番組の録画ができる
・海外で強い
・互換性が高い
・価格が安い
・FD感覚で使える
・海外で強い
・互換性が高い
・簡易編集ができる
・PCで編集OK
デメリット ・書き換え不可
・編集不可
・PCとの連携が弱い
・操作が難解
・再生互換性が低い ・書き換えできない
・採用メーカーが少ない
・価格が高い
・対応レコーダーが少ない
・著作権保護に未対応
用途 永久保存するならDVD-R。一度書いたら消えないので、大切なものをDVD-Rに書き込むと安心。DVDビデオを作成し配る場合も再生互換性が高いのでDVD-Rが適正。 記録したデータを他人に渡す場合はDVD-RW。FD感覚で操作でき、互換性も高い。また、データ書き込み速度もDVD-RAMに比べて速い。互換性の高いDVDビデオ・フォーマットと、編集できるDVD-VRフォーマットの両方を使えるメディアです。DVD-VRフォーマットでの再生互換性は高い。 頻繁にバックアップするならDVD-RAM。PCとの連携に優れ、PCで編集したい人にも便利。ファイナライズ不要でFD感覚で使える。ただし、プレステ2やパイオニアやソニーのDVDプレイヤーやDVDドライブでは再生できない。 家電DVDプレーヤーにも強い。DVD-Rとほとんど同じ規格。DVDドライブでは採用されているがDVDレコーダーでは採用されていない。DVDビデオを作成し配る場合も再生互換性が高いのでDVD+Rを使ってもよいが価格や入手しやすさの点でやや不安。 動画データの追記がしやすい。DVD-RWに近い規格。DVDビデオフォーマット互換でありながら編集も可能なDVD+VRフォーマットを採用しているが、唯一DVD+RWを採用しているRDーGX7にはなぜか編集機能が搭載されていない。



 ブルーレイ 比較

ブルーレイとは?
ブルーレイディスクとは、ハイビジョン録画に対応した大容量のディスクです。CD・DVDと同サイズでありながら、片面1層で25GB、片面2層で50GBもの容量があります。青紫色のレーザーを使って読むことから、ブルーレイ(略称はBD)と呼ばれています。

BDディスクの各規格 比較一覧表
BDの規格は大きく分けて以下の3通りになります。
  1. 一度だけ書き込める「追記型」 ・・・一度記録した部分は、上書きや変更ができません。
  2. 書き込み・消去が可能な「書き換え型」 ・・・繰り返して「消去」や「記録」ができます。
  3. 再生(読み出し)専用型 ・・・映画・音楽ビデオなどのコンテンツ配布、販売に用いられるBD-Videoなど。
このうち記録型のBDである1,2についてそれぞれの特長は以下の通りです。

型式 追記型
「ライトワンス」
追記型
「ライトワンス」
書き換え型
「リライタブル」
書き換え型
「リライタブル」
各メディア BD-R BD-R DL BD-RE BD-RE DL
画像 BD-R
録画用BD-Rを購入
データ用BD-Rを購入
BD-R DL
録画用BD-Rを購入
データ用BD-Rを購入
BD-RE
録画用BD-Rを購入
データ用BD-Rを購入
BD-RE DL
録画用BD-Rを購入
データ用BD-Rを購入
容量 25GB(1層) DVDの約5倍! 50GB(2層) DVDの約10倍! 25GB(1層) DVDの約5倍! 50GB(2層) DVDの約10倍!
記録回数 1回のみ 1回のみ 約10000回 約10000回
録画時間
※標準モード
地上デジタル放送 約180分
BSデジタル放送 約130分
地上デジタル放送 約360分
BSデジタル放送 約260分
地上デジタル放送 約180分
BSデジタル放送 約130分
地上デジタル放送 約360分
BSデジタル放送 約260分
転送レート
(1倍速)
36Mbps DVDの3倍以上!
転送時間
(1層25GB)
1倍速:約90分  2倍速:約45分  4倍速:約22分  6倍速:約17分
コピー
○ 録画可能
メリット ・編集不可なので保存向き
・値段が安い
・編集不可なので保存向き
・大容量
・何回も上書きできる
・値段が安い
・何回も上書きできる
・大容量



本店は全商品ポイント2倍

今だけお得なSALE !

今がお買い得!メディアが激安価格のセールをぜひ、お見逃しなく!

新規会員登録でプレゼント

新規会員登録で100P!?

新規会員登録して頂きますと、その場で100ポイントプレゼント!

まとめ買い見積もり

気軽に見積もり相談下さい。

電球やメディア、アンテナなどのまとめ買いがお得です!気軽にお見積りのご相談を!

楽天ID決済

楽天ID決済

楽天会員IDで簡単決済!楽天スーパーポイントが貯まる!使える!⇒詳しくはこちら

メールマガジン購読

メールマガジン購読

お得情報満載!当店のメルマガで最新情報をいち早くキャッチ!⇒購読申込みはこちら